SERVICES of KoDesignLab.

HOME > SERVICES

コウデザイン研究所の「プロダクトデザイン」

「デザイン」と「設計」

  • 異なるニュアンスを持つこの二つの言葉は、英語ではどちらも ”DESIGN”。そして中国語ではどちらも「設計」と訳されます。日本語ではカタカナと漢字で言い分けられていますが、実は本質的な部分を共有する概念であると言えましょう。
  • 解決すべき課題に向き合い、現状を分析し、最良の答えを導きだすべく仮説を立て、検証し、実行する。「デザイン」も「設計」もこの点で共通しています。
  • design.png
  • そしてこの一連の行為の全ての段階に於いて、美的価値に基づいた発想をすることを、我々はカタカナの「デザイン」と呼んでいるのではないでしょうか。
  • カタカナの「デザイン」から感じ取るニュアンス、それは使用者の感性や情緒に訴えかける、数字では表せない暖かさや喜びを、合理的な思考の上に成り立たせる事であると、コウデザイン研究所は考えています。

デザインの分野

  • 「デザイン」と一口に言ってもその分野は多岐に渡ります。グラフィックデザイン、Webデザイン、インテリア、建築、ファッション…、様々な分野で専門の教育や経験を積んだデザイナーたちが活躍しています。ある分野の専門教育を受けたデザイナーに全く異なる分野のデザインを依頼してもほとんどの場合は十分に能力を発揮できません。解決すべきデザインに適したデザイナーを選ぶ事は非常に重要です。
  • コウデザイン研究所はプロダクトデザイナーの事務所です。基本的には量産を前提とした工業製品のデザインを主業務にしています。過去の実績ではプラスチックの射出成型による製品が多いですが、木、板金、紙などの素材についても実績があります。

スタイリングだけがデザインではないけれど…

  • プロダクトデザインはモノのデザインと言えど、ただ表面的にかっこいいカタチを作ることが目的ではありません。「デザイン=スタイリング」ではなく、その製品によって使用者と生産者、あるいはその製品が存在する社会までを含めてどのような影響を与えるかまでを考えてこそ現代のプロダクトデザインと言えます。
  • しかしそれは、造形的な美しさを追求する努力を放棄せよということではありません。製品の種類によっては、複雑な部品を多数内蔵する一方、ユーザーからはスッキリまとまったコンパクトな形状を求められることがよくありますが、これら一見相反する要求に応えるには造形スキルを磨く必要があります。
  • 様々な問題を合理的に解決しながら、なおかつ美しい製品をデザインする事がコウデザイン研究所の掲げる理想です。

12345